人生はトゥルーマンショー

右に落ちたらサヨウナラ~

50代突入待ったなし!人生ギリギリ境界線日記。

ぶっちぎりナンバー1悪徳金融商品「年金」

もうね、タイトル通りですよ。

 

今、仕事から帰宅して自民党本部に以下の内容のメールをしました。

 

ワシは間違ってますか?

 

●カテゴリー
党の政策について   

●議員名
安倍総理 

●タイトル(自由記述)
今まで掛けた年金返礼願います。 

●本文
勝手に年金を溶かして置いて老後は2000万用意しないと生きられない?

わかりました、そんな悪徳金融商品は必要ありません。

民間で支払い年齢繰り上げ(約款契約内容)をコロコロ勝手に変えたらその会社はどうなるか分からないんですか?

それだけでも民間では倒産なのに、投資で溶かして置いて金を用意しろだと?

9割の日本人はアホで良かったね、海外でそれをしたら暴動もんですわ。

もう貴方達に期待しませんし失跡責任の追及もしないので、掛け金+金利を付けて金を返して下さい。

 

多分ね、あいつらの常套句はさ、「議員を選んだのは君ら」ってほざくだろうね。

 

あのさ、善人のいない全て詐欺師の立候補者からさ、誰を選んでも詐欺師じゃね?

 

政治家じゃねーんだよ、政治屋だわな、国民を食い物にして利益を貪るハイエナ共が!

 

あの世で(この場合はあって欲しい)拷問の責苦で苦しめっ!

 

再度訪ねるけどさ、俺がイカれてるのか?

 

 

 

抜打ちドラレコ検証で始末書の巻

お久しぶりですぅ~!

 

え?誰も楽しみにしていない?

 

こりゃスミマセン~

 

早速ですが、抜打ちドラレコ検証(一番厳しい本社検証)で始末書を書かされる羽目になりましたわ、これが超面倒臭い。てかね、今務めてる運送会社ってさ、基本的にドラレコ検証が有る時はさ、「○○さん、何日から何日の間のどれかにドラレコ検証があろからね~」って予告するんですよね、本来はさ。(今回はやられました。。)

 

因みにね、ドラレコ検証ってね、トラックの車内に取り付けられたビデオを抜き取って、車内の運転状況や素行行動を見るものなんですよ。

 

予告されなきゃね、当然、「右ヨシ!左ヨシ!」なんて社内ルールの指差呼称(かえって危ないのよ)はしないし、ハンズフリーで眠気防止の為に同僚と話をしたりするんですよね。これってさ実戦に即した現場での安全対策なんですよ。(寝たらアウトですやん)

 

ただね、会社のお偉いさんはさ、現場を知らないから杓子定規なルールを設けちゃうのよ。国の政治家や官僚と同じでね、設けたルールがズレてる訳。

 

でさ、さっきまで原稿用紙2枚の反省文と今後の対策を書いてた訳なんだけどさ、ほんと下らないね、こんなんしたかて意味ないんですよ、実際。

 

実戦に即したルールでもない、机上の安全ルールを押し付けて事故をしたらどうすんの?結局はドライバーのせいにして誰も責任取らんでしょ。

 

実戦にそぐわない社則なんてさ、所詮は何かが起きた時の国交省や一般市民に対する「安全対策や教育をしてましたよ~、この事故はドライバーの自己責任ですよ~」アピールだけなんですよね、実際。

 

あ~、ヤダヤダ、私の性分はさ綺麗事が一番いやな訳。

 

な~にが「君らドライバーの為や」現場も知らんと寝言こくなってーの!

 

一辺、夜中ずっと走ってみさらせ、お偉いさんが設けたルールがかえって危ないって気が付くはずやで。ほんまや。

夜間のトラック運転手は眠眠地獄

お久しぶりの記事のアップでございます。

 

現在、夜中の3時を少しばかり回っておりますが、思い付きの文章とキーボードを叩く手が遅いもんで、記事をアップする頃には4時を回る事でしょうな。

 

しかしね、ま~、記事をアップする頻度が長いですね。一つの記事をアップすると、次の記事までに約1か月から40日は間が開きますもんね。毎日マメに記事をアップされる方々には本当に頭が下がります。だってさ、記事を一つアップするのも超面倒臭いんですよ?金になる訳でもないしさ、私は何がしたくて記事を挙げてるんでしょうな、自分でも理解に苦しみますわ。ま~しいて申せば、今まで低頻度とは言え、不精な私目がブログを続けてきたもんでね、それを辞めるのが勿体ない?からなんでしょうかねぇ・・・

 

まぁ、そんな事はどうでもいいですわ、本題に入ります。

 

前回の記事で書いた、


strayking.hateblo.jp

 

のその後なんですけどね、悪戦苦闘しながらも頑張ってやっておりますよ。

 

ほんと、50にもなってさ、徹夜で朝まで走らなならんてさ、私は前世で人を殺してるんじゃないでしょうかね。だってドMじゃないと夜間運行なんて耐えられませんよ?

 

夜間運行の何がキツイってさ、超~~眠いっ!のよこれが。布団で寝れるって事がこんなに幸せな事だなんて思いもよりませんでしたな。そらね、想像に難くなかったですよ?眠いんだろ~なぁ~って位は分かっていたつもりでしたわ。

 

でもね、何でも当たり前だけど、経験する事と想像する事は天と地の差があるんですわね。もうね、酷い時は半分脳味噌が寝てますからね、いわゆるチロチロ状態ですわ。他のドライバーも私と大差ない状態で眠気と格闘してんでしょうよ。

 

もうね、あんま眠いと銭金の問題やなくなって来ますね、もー寝かしてくれ、寝かせないならアー殺しやがれっ!ってなって来ます。

 

睡眠時間なんてね、ぶっちゃけ毎日3~4時間ですわ。

 

こんな仕事してたら、そのうち身体をいわして人生短命確定でしょうな。

 

ほんま、世の長距離ドライバーには頭が下がりますわ。

 

ネットの世界も現実も、誰でも出来る仕事と馬鹿にする輩も多いですがね、実際はこの仕事は誰でも出来はせんよ。私からすると、やってみてから物を言えって感じですわ。

 

運転技術は勿論、体力と根性と忍耐が必須の過酷な仕事ですわ、本当。

夜間路線ドライバーに配置転換ですかぁ。。

おはようございます。

 

またまた久し振りのブログ更新でございます。

 

11月に転職して約4か月、3ヵ月の試用期間も終わり、2月の中から正社員としての1ヵ月がスタート致しております。

 

やっとクソ安い時給労働も終わり(息子のローソンバイトレベル)今月の末に正社員としての本給がやっといただける訳でございますよ!(長かった~)

 

現在の仕事の内容は、半分夜間みたいな4t配送ですが割かし楽な部類の上、残業も毎日4時間程つく訳で、正社員(試用期間バイトでは割は合わない)として働けば幾ら貰えるか楽しみにしてたんですが。。

 

話の流れを急に変えまして申し訳ないですが、話は2ヵ月少し遡ります。

 

現在、勤務ている半夜間の4t配送の仕事は、会社が新たに始めたものなんですよ。

 

でね、会社の所長や統括が、トラックの便数を一台増車する為に取引先に営業を掛けてる最中だから、誰か知合いがいたら紹介してと私に言って来た訳なんですわ。

 

で、たまたま前の会社の連れが失業中で、私の勤めている会社の仕事の内容等を聞いて来たもんですから話したところ、入りたいと言って来たので所長に紹介したんですよ。でもね、連れが入社後に営業の件(増車)が失敗したらしく、現在は私と彼の2人で半月づつ夜間日勤をやる羽目になってるんですがね。

 

で、またまた話は最初に戻します。今務めている会社は、一応中堅大手?な運送屋なもんで、色んな部署がありましてね、食品やアパレル等の荷物も運んでいるんですが、一昨日仕事が終わった時に所長に呼び出された際に、「一般貨物の路線をやって欲しい」と言われたんですよね。

 

要は営業にしくじって予定が狂ったから2人の内、大型経験のある私を所属はそのままで、人の足りない部署に貸し出し利益を付け替えたいって事みたいですわ。(部署ごとの独立採算制)

 

私は昼夜も完全に逆転するし、何より予想もしなかった話なもんで、「取り敢えず給料面や条件等が分かったら詳細に提示して下さい」とお願いした上、それを拝見して検討しますと申し上げたところ、所長も「わかりました。」と、その日は話が終わったんですね。

 

ところが昨日、日勤で出勤した途端、統括が私の元に笑顔でやってきまして「○○さん、急に無理言ってすみませんね~、快諾してくれたみたいで。」と...その言葉に私は内心「はっ?」です。で、更に追い打ちを掛ける様に、「来月の4/1日から宜しく!」と満面の笑みをお浮かべになられました。。(あはは...完全に嵌められましたね)

 

もう面倒臭いんで「はぁ…」とだけ答えましたが、やっぱ運送屋の本質は強引で大も小も中身はかわらんなぁ~って思った次第ですよ。

 

もう段取りしちゃってるみたいだから取り合えずやるだけは頑張りますけど、あんま割に合わないんなら元にもどしてって言おうかとも思ってます。

 

面倒臭いんだよねぇ~、大型に乗るには本社の横乗り試験が2回もあるし、勤務先も変わるもんで、人間関係も端から構築せなならんのですよ。それにさ、また一から仕事やコースを覚えなきゃならんし、横乗り期間がクソ怠い。

 

昔からそうなんですけどね、つつがなく楽にやりたいのに、どこいっても面倒臭い仕事任されるんですよね。

 

なんかね、言い易いんでしょうかね。(結局、半夜間の仕事のうま味は味わえなかったとさ、チャンチャン♪)

 

 

不惑ってなんじゃい

おはようございます。

 

現在、私が都落ちし在住している地域は雪の降る地域でして、毎日毎日はっきりしないクズグズした空模様が続いており、冬でも青空晴天の太平洋側が酷く恋しく思えます。

 

太平洋側の女性が日本海側に嫁いで来ると、冬季鬱になって離婚される方もあるそうです。まぁね、真冬でも突き抜けるような青空の元で生まれ育った方には、こっちの手が届きそうなドス黒い鉛色の空を見ていれば病気になるのも何ら不思議じゃございませんものね。(根っからの住民でも病みますわ)

 

早くね、春が来て欲しいと願い毎日を耐える日々でございます。

 

では本題ですが、私は性格からなのか精神的疾患なのかは知りませんが、昔からね安定すると恐ろしい程に焦燥感に駆られるんですよね。もうね、「何かしなくちゃいけない」「このままじゃいけない」ってな具合にね、内なる声が私を駆り立てて落着かないんですね。

 

で、現在がそういう状態なんですよ。

 

 f:id:strayking:20190129085128p:plain

 

前よりも楽で条件も良い、そこそこ中堅の運送屋さんに転職したにも関わらず、妙な焦りと苛立ちが募って日々の生活において尻の座りが非常に悪い。

 

私もね分かってるんですよ?

 

年齢も年齢だし、残り少ない現役でいられる時間を穏便に済ませるには、このままじっと我慢しとくのが得策なんだろうってさ。

 

でも逆説的に考えてみると、残り少ない時間だからこそ、やりたい様にやるのも考え方の一つとも思えるんですよね。

 

あー、誰なんですかね40迷わず「不惑」なんて言った先人は。

 

50になってもそんな境地には辿り着けそうにございませんな。